スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間質性膀胱炎の疑いと言われる 2017 1月18日


1月18日、2017年に病院へ。

尿が溜まる、毎回、毎時間に痛みが出る、出すと少し治まる。
これは間質性膀胱炎の疑いがあるとのこと、来月に検査をする事になった。

★間質性膀胱炎とは何ですか?
頻尿(昼夜を問わず尿の回数が多い)、尿意切迫感(急に尿意が起こり我慢できない感じ)、
膀胱の痛みを主な症状とする病気です。
尿がたまったときの強い痛みが特徴です。
通常の膀胱炎は細菌による尿路の感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。
しかし、間質性膀胱炎は細菌によって起こるものではなく、尿自体はきれいで、抗生物質は効きません。

★どのような検査をするのですか?
間質性膀胱炎が疑われる場合、麻酔下で膀胱鏡検査をし、広範な点状出血か、
ハンナー潰瘍とよばれるベルベット状の地割れのようなものを確認します。
膀胱がんでも間質性膀胱炎に似た症状をおこすので、
尿細胞診(尿の中にがん細胞が入っていないかみる検査)を行うことが重要です。

★どのように治療しますか?
通常いくつかの方法を組み合わせて行います。完全に治癒することを目指すのではなく、症状の緩和、消失を目標にします。
水圧拡張
萎縮した膀胱を水圧で拡張する方法です。麻酔をして行います。治療の中心であり、診断にも有用です。治療効果が長続きせず、再び水圧拡張を必要とすることもあります。
薬物療法
現在日本で入手できる薬剤のなかでは、抗うつ薬(特に塩酸イミプラミンが痛みの緩和に有効)、抗ヒスタミン剤などが使われています。また、抗アレルギー剤の一種であるトシル酸スプラタストが有効ではと期待が持たれています。
膀胱内注入療法(膀胱の中に薬剤をいれること)
抗凝固剤であるヘパリンや局所麻酔薬である塩酸リドカインを膀胱内に注入することがあります。ただし膀胱内注入療法単独の治療効果はそれほど大きいものではなく、また持続期間もそれほど長くありません。通常は水圧拡張の効果を持続させるための補助的な治療として、1-4週間くらいの間隔で外来で定期的に行います。

いづれにせよ、情けない病気になってしまったわ。トホホ・・・・・・・である。

c042ba46-s.jpg
スポンサーサイト

タイに20日間ほど行った 

飛行機の中では問題なし、行きは3回トイレ、帰りは2回、しかしフライト前後にも行っている。

タイでは熱かったんで前立腺にはいい状態、しかしかすかな痛み、頻尿は変わらない。

1時間毎にトイレ、尿が溜まると痛みが出て、切迫感がある。
尿は大して出ない、100cc程度。

20120829_2756078.gif

H28年10月27日から3W タイへ 前立腺の症状

まず、飛行機内で前立腺は調子良かった、帰りも、片道7時間のフライトでどうかと思っていたけど
なんとか、無事過せた。

しかし、トイレは7時間の間、3回、行きも帰りも行った、もち、フライト直前、直後にトイレに行ってる。

タイでは30度を超え、夜中も裸で眠れる状態、時々痛みがあったが、歩行障害まではいかなかった。
また、痛くて出ない症状もなし。
これは薬を飲まなくなってからだ、やはり薬が調子を悪くしてると思う(抗生物質を除く)。

20130812_669893.jpg

H28年10月15日 本年の草刈終了した

ほんとはもう少しやろうと思ったんだけど、朝は寒いし、一通り刈り終わったし、
怪我してもつまらんし、と~言う事で、本日で今年の草刈は終了した。

畑に着いて、本日で畑仕事は終わりと決めた、
まず、草刈ハサミ大の刃先にサラダ油を塗り何度か動かして油をなじませた。
そしてレジ袋に入れて仕舞った。

帰りに海岸に行ったら流木でいいのがあったんでこれが最後と拾って畑へ、
これで今年は終了、どうせ明日は雨らしいからね。

来週からは海外だし、怪我をしてもいやだから今日、本年終了を決めた。ふう~

707b0d8ac7d3e5375275_1215_520x779x9a3c2f224344d980f3dc30ed.jpg

電気マットを太もも下に敷いて寝始めた 前立腺対策

昨日、ホムセンで電気マットを買った、45cm角の足の下に敷くやつ、3500円くらい、
それを布団の上に置いて、主にお尻の下から太ももにかけて敷いてみた。

湯たんぽよりいいし、電気毛布よりピンポイントで温めたいから、前立腺対策にと考え昨夜から敷いて寝た、
しかしまったく頻尿や溜まると痛くなる事に関してはまったく役に立たないと判った、
まだ1晩だけだけどこれから毎日使い続けてデーターを取るつもりだ。ふう~

c0075492_15272017.jpg
カテゴリ
プロフィール

TL125

Author:TL125
管理人の「TL125」おやじです、何故だかホンダの旧車、TLが好きなんですわ ヨロシク。

リンク
このブログはリンク・フリー
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
ソロ・キャンプ場
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。